新幹線E3系電車

一般

新幹線E3系電車

しんかんせんいーさんけいでんしゃ

秋田新幹線こまち」と山形新幹線「つばさ」用の車両。

1997年秋田新幹線こまち」開業と同時にデビュー。東京盛岡間は「はやて」と連結して走行する。当初は5両だったがのちに増車され現在は6両編成。

2014年3月のダイヤ改正E6系にバトンタッチしこまちとしては引退。

山形新幹線用の編成は1999年の新庄開業に伴う増発用として2編成が7両編成で製造され、2005年にももう1編成が増備された。2008年からは大幅に仕様変更した2000番台が400系の後継車両として導入されている。

最高速度は新幹線区間が275km/h、在来線区間が130km/hで、新幹線区間ではE2系と同じ足並みを揃えられることから、「こまち「つばさ」運用だけでなく東京盛岡間をE2系+E3系「なすの」やまびこ」「はやて」としてのアルバイト運用もある。

展開