新京阪線

地理

新京阪線

しんけいはんせん

新京阪線とは、新京阪鉄道が敷設した路線の一つ。現在の阪急京都本線淡路大宮間と千里線淡路天神橋筋六丁目間にあたる。

歴史

大正14(1925)年、京阪電気鉄道の子会社・新京阪鉄道天神橋(現・天神橋筋六丁目)〜淡路間を開業。昭和3(1928)年1月には、淡路高槻町(現・高槻市)間が、同年11月に高槻町〜西院間が開通。翌年からは、天神橋西院間を34分で結ぶ「超特急」が運転を開始。途中停車駅は、淡路のみであった。

しかし、「昭和大恐慌」の影響もあって、昭和5(1930)年、新京阪鉄道が親会社の京阪電気鉄道吸収合併され、「京阪電気鉄道新京阪線」となった。昭和6(1931)年には、西院京阪京都(のちの京阪神京都 現・大宮)間が延伸開業。この区間は“関西初の地下路線”とされる。昭和9(1931)年には、十三線の十三〜淡路京阪京都間を結ぶ急行が新設。十三で阪神急行電鉄(現・阪急電鉄)に連絡した。戦時体制下の昭和18(1943)年に、京阪電気鉄道阪神急行電鉄合併し、京阪神急行電鉄となった。翌年には、阪急梅田京阪神京都間の直通急行が運転開始するも、わずか1年余で運休となった。昭和23年には、阪急梅田京阪神京都間を結ぶ特急が運転開始したことにより、天神橋発着の優等列車は減少した。

翌年、京阪電気鉄道が分離独立したが、新京阪線京阪神急行電鉄に残留。昭和34(1959)年、天神橋淡路間が千里山線(現・千里線)に編入、代わって十三線の十三〜淡路間と、新京阪線淡路京阪神京都間が「阪急京都本線」に改称され、新京阪の名は消滅した。

駅一覧

駅名称読み“えき”は略備考
天神橋てんじんばし大阪ターミナル駅。昭和44(1969)年に天神橋筋六丁目駅へ改称。
長柄駅ながら昭和19(1944)年に天神橋駅へ統廃合。
柴島駅くにじま-
淡路駅あわじ十三線と千里山線に連絡。
上新庄駅かみしんじょう-
京阪吹田駅けいはん すいた旧・吹田町駅。吹田東口駅への改称を経て、昭和29(1954)年に相川駅に再改称。
正雀駅しょうじゃく正雀車庫と隣接。
茨木町いばらきちょう昭和23(1948)年に茨木市駅へ改称。
総持寺前駅そうじじまえ昭和23(1948)年に総持寺駅へ改称。
富田町駅とんだちょう昭和32(1957)年に富田駅へ改称。
高槻町駅たかつきちょう昭和18(1943)年に高槻市駅へ改称。
上牧駅かんまき旧・上牧桜井ノ駅駅
桜井ノ駅駅さくらいのえき昭和23(1948)年に水無瀬駅へ改称。
大山崎駅おおやまざき-
長岡天神駅ながおかてんじん-
西向日町駅にしむこうまち昭和47(1972)年に西向日駅へ改称。
向日町駅ひがしむこうまち昭和47(1972)年に東向日駅へ改称。
桂駅かつら嵐山線に連絡。
西京極駅にしきょうごく-
西院駅さいいん旧・京都西院駅
京阪京都駅けいはん きょうと京都ターミナル駅京阪神京都駅への改称を経て、昭和38(1963)年に大宮駅へ改称。