新京阪鉄道

社会

新京阪鉄道

しんけいはんてつどう

新京阪鉄道は、大阪府大阪市に本社を置いていた鉄道会社で、現在の阪急京都本線などを建設した。

京阪電気鉄道の子会社

設立以来、淀川左岸を走行していた京阪電気鉄道(以下、京阪)は、淀川右岸に高規格の支線を敷設しようとしていた。そこで、大正7(1918)年に、大阪梅田四条大宮間敷設の特許を得た。大正11(1922)年に、子会社として「新京阪鉄道(以下、新京阪)設立。だが、色々な事情が重なって、大阪梅田への延伸は難しいと考えた新京阪は、十三〜淡路千里山間を敷設していた北大阪電気鉄道鉄道事業を譲り受けた。また、大正14(1925)年には、暫定的なターミナル駅として、新京阪天神橋駅(現・天神橋筋六丁目駅)を開業させた。

昭和3(1928)年1月、淡路高槻町(現・高槻市)間を開業させる。この年、京都御所で行われる事になっていた御大典(昭和天皇即位式)に間に合わせる為に、京都西院(仮)まで延伸させた。また、同年には嵐山線の桂〜嵐山間を開業させている。昭和5(1930)年、天神橋西院間を結ぶ「超特急」の運転を開始*1、途中停車駅は淡路のみであった。

京阪に吸収合併,そして阪急の路線に

昭和5(1930)年、「昭和大恐慌」の影響によって親会社の京阪吸収合併され、新京阪鉄道本線は「京阪電気鉄道新京阪線」に改称した。翌年、京阪の手によって、京都西院京阪京都(のちの京阪神京都 現・大宮)間が開通。この区間は“関西初の地下鉄道”といわれている。

昭和18(1943)年、「陸上交通事業調整法」により京阪阪神急行電鉄合併京阪神急行電鉄(以下、阪急(一部,正式名称を用いる。))となった。

このことを受けて、翌年には阪急梅田京阪神京都間を結ぶ直通急行が運転されるも、僅か1年余で運休となった。

終戦後は、徐々にターミナル機能を天神橋から梅田へシフトしていった。昭和24(1949)年に阪急から京阪が分離独立するも、新京阪線(天神橋京阪神京都間)・千里山線(淡路千里山間)・十三線(十三〜淡路間)・嵐山線(桂〜嵐山間)は阪急に残留。

のちに、十三〜京阪神京都間が「阪急京都線」に改称。また、昭和48(1973)年には、京阪神急行電鉄から阪急電鉄へ改称して、現在に至っている。

*1:この「超特急」は、並行する国鉄特急「燕」を度々追い抜き、今となっては伝説となっている。