新空港自動車道

地理

新空港自動車道

しんくうこうじどうしゃどう

[英] SHIN-KUKO EXPRESSWAY

新空港自動車道は、東日本高速道路NEXCO東日本)が管理・運営し、千葉県成田市東関東自動車道から成田国際空港へのアクセス道路となっている高速道路高速自動車国道)である。

高速自動車国道の路線を指定する政令においては、成田市大山を起点とし、成田国際空港を終点とする「成田国際空港線」として指定されている。

1978年5月21日開業。

建設当初は、現在の東関東自動車道宮野木JCTから新空港ICまでを新空港自動車道と称していたが、1979年に宮野木JCT-成田ICは「東関東自動車道」に名称変更され、現区間のみが「新空港自動車道」として残っている。

区間

成田IC−新空港IC 3.9km

沿革

1971年10月27日、日本道路公団が宮野木JCT-富里ICを開通。

1972年8月19日、日本道路公団富里IC-成田ICを開通。

1978年5月21日、日本道路公団成田IC-新空港ICを開通。

1979年4月1日、宮野木JCT-成田ICを東関東自動車道に変更。

2005年10月1日、 東日本高速道路株式会社に移管。

2009年4月1日、成田ICに新空港IC方面のスマートインターチェンジ(成田SIC)入口が運用開始*1

2013年8月8日、成田SICの運用時間を試行的に6:00〜15:00へ拡大*2

*1:6:00〜10:00のみ供用

*2:当初2014年3月31日までの予定だったが、2015年3月31日まで継続