新見錦

一般

新見錦

にいみにしき

新選組局長の一人(?)

玉造勢の新家粂太郎の変名ともいわれる。「にいのみ」と読み、そこから「新見」を当てた変名だとする説もある。

新家は離脱し、仲間の水戸浪士と長州に渡った後、自刃したものと考えられている。