スマートフォン用の表示で見る

新古典派経済学

社会

新古典派経済学

しんこてんはけいざいがく

新古典派経済学(しんこてんはけいざいがく)(Neoclassical economics)とは、経済学における学派の一つ。新古典派の考え方は、一言で言えば自由放任主義(レッセフェール)である。価格の調整速度が速いということを前提として理論を展開している。競争原理が第一と考えており、「小さな政府」を主張する。

新古典派経済理論の世界観はミクロ経済学の考え方と基本的に同じで、各経済主体の合理的行動と均衡的な市場機構を前提とする。理論的には、数学的に極めて緻密なのが特徴である。新古典派的成長理論は高度な数学を用いており、日本人では宇沢弘文の貢献が著名である。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%B0%E5%8F%A4%E5%85%B8%E6%B4%BE%E7%B5%8C%E6%B8%88%E5%AD%A6


関連キーワード

New Classical economics

(新しい古典派経済学

新興古典派経済学

  1. リスト::経済関連