スマートフォン用の表示で見る

新国劇

アート

新国劇

しんこくげき

1917年(大正6)、沢田正二郎が新しい国民演劇の創造を目標として作った劇団。「月形半平太」「国定忠次」など、いわゆる剣劇を創始して広い支持を得た。沢田の没後、辰巳柳太郎島田正吾らを中心に活動を続け、昭和期の代表的大衆劇団となった。70年代に入って中心俳優の高齢化、若手俳優の退団等で衰退、79年株式会社新国劇倒産

三省堂提供「大辞林 第二版」より