新字体

一般

新字体

しんじたい

日本において、1923年の『常用漢字表』にしめされた略字?制定以降、1946年告示された『当用漢字表』を経て現在まで使用されている漢字の字体である。新字体はもともと1949年の『当用漢字字体表』で提示された標準字体に対する呼称であり、印刷字体?と筆写字体?をできるだけ一致させることを建前として活字のもととなる形でしめされていた。一方、1981年制定の『常用漢字表』は主として印刷文字の面から検討され明朝体活字の一種をもちいて字体例をしめし、これを「現代の通用字体」と呼んでいる。

繁体字簡体字と対照される。