新生党

社会

新生党

しんせいとう

かつてあった日本の保守政党

1993年平成5年)6月、結党。当時、自由民主党にいた羽田孜小沢一郎らが中心となって活動していた羽田派(改革フォーラム21)が中心となり結党された。

1993年平成5年)8月の非自民・非共産8党派による細川護煕内閣発足の時には閣僚5人を輩出した。1994年平成6年)12月9日、解党。

翌12月10日、新進党が結成された。