スマートフォン用の表示で見る

新川和江

読書

新川和江

しんかわかずえ

詩人。1929年茨城県結城市生まれ。

結城高女在学中、東京の戦火をのがれて隣り町に疎開してきた西条八十に師事。

戦後東京に移住。「プレイアド」「地球」その他に詩を発表する傍ら、学習雑誌・少女雑誌に詩や小説を執筆する。代表詩集として、土、火、水に寄せる三つのオード集を持つ。ほかに多数の詩集・編詩集・少年少女詩集・エッセイ集・選詩集と全詩集がある。

現代詩人賞・藤村記念歴程賞・日本童謡賞など多くの賞を受賞。

83年、吉原幸子?と共に女性詩人を中心とした季刊詩誌「現代詩ラ・メール」を創刊、十年間編集と新人の育成に携わる。産経新聞「朝の詩」選者。日本現代詩人会会員。