スマートフォン用の表示で見る

新撰姓氏録

読書

新撰姓氏録

しんせんしょうじろく

日本の平安時代初期の815年(弘仁6年)に編纂された古代氏族名鑑。嵯峨天皇の命により編纂されたもので、京および畿内に住む1182氏を、その出自により「皇別」、「神別」、「諸蕃」に分類してその祖先を明らかにし、氏名の由来、分岐の様子などを記述するものである。