新線池袋

地理

新線池袋

しんせんいけぶくろ

駅として

現在の東京メトロ副都心線ホームである5・6番線の副都心線開業前の旧呼称。

列車の行先表示や路線図で使用された。

丸ノ内線有楽町線に続いて設置された池袋駅であり、旧来の東京メトロ各線の池袋駅に対して離れた場所に存在する為、区別のために新線池袋と言う表記となった。

また、13号線自体、東京メトロ有楽町線及び西武有楽町線と乗り入れしており、小竹向原より和光市練馬寄りの有楽町線区間では都心方向の列車に有楽町線池袋へ行く列車と13号線池袋へ行く列車が混在する*1ことから、利用者がどちらの池袋へ列車が行くのか識別しやすくする為、別の駅名とした理由もある。

なお、13号線開業後、駅名は「池袋」に変更された。*2

路線案内

池袋駅を参照。

*1:ただし前者は行先は池袋ではなく新木場となる。

*2:同時に千川要町も開業。