スマートフォン用の表示で見る

新即物主義

アート

新即物主義

しんそくぶつしゅぎ

Neue Sachlichkeit (ノイエザッハリヒカイト ドイツ語)

第一次大戦後の荒廃したドイツで興った反表現主義的な美術運動。冷徹なリアリズムによって対象を即物的に表現すること重視する。名称の由来は1925年マンハイム美術館で催された展覧会名から。後に音楽分野にも波及し、指揮法やヒンデミット作曲家に影響を与えた。運動はナチスの台頭と共に迫害されて1930年代に消滅した。

その代表的な例が、オットー・クレンペラーが音楽監督を務めたベルリン・クロール劇場である。