新谷博

スポーツ

新谷博

しんたにひろし

90年代のプロ野球選手。アマチュア野球指導者。

右投右打、ポジションは投手背番号は17→60番。

1964年7月14日生まれ。佐賀県出身。

佐賀商業1982年夏の甲子園に出場。ノーヒットノーランを達成。

同年ヤクルトスワローズに指名されるも、拒否し、駒澤大学に進学。大学通算16勝。

日本生命に入社し、1990年日本選手権で優勝。毎回で14奪三振の新記録達成。

1992年、ドラフト2位で西武ライオンズに入団。

1年目より先発投手として活躍。黄金時代に大きく貢献した。

1994年防御率2.94で最優秀防御率のタイトルを獲得。1996年まで3年連続2桁勝利を記録。


2000年、日本ハム・ファイターズに移籍。主に先発・中継ぎとして活躍した。

2001年、現役引退

2002年、投手コーチに就任。

2003年、退団。

北海道日本ハムファイターズとなった2004年よりHBC北海道放送野球解説者となる。

2005年、尚美学園大学女子硬式野球部の監督に就任した。

同年11月1日、佐賀県の硬式野球クラブチーム設立し、監督に就任。