新党さきがけ

社会

新党さきがけ

しんとうさきがけ

1993年6月、武村正義を中心に自由民主党より分裂し結成された政党自民党の若手議員によるユートピア政治研究会が母体となって派生したが、社会党から派生した民社党より政策的にはリベラルであった。

1993年8月、細川護煕を首班とする非自民7党による連立政権与党とり、細川氏の日本新党合併が予定されていたが、細川氏が武村氏から小沢一郎氏に近づくにつれ離反し、1994年に細川首相辞任後の羽田政権には社会党とともに参加せず下野。同年6月、羽田政権崩壊とともに自民党社会党とともに村山富市を首班とする連立政権を結成した。

1996年9月の民主党結成時に大部分の党員が離党し、少数政党に。

2001年3月武村氏が民主党に入党し正式に消滅。

なお、2009年第45回衆議院議員総選挙鳩山由紀夫が率いる民主党は「コンクリートから人へ」をマニフェスト政権交代を果たすことになる。