新必殺からくり人東海道五十三次殺し旅

テレビ

新必殺からくり人東海道五十三次殺し旅

しんひっさつからくりにんとうかい

新必殺仕置人 → 新必殺からくり人東海道五十三次殺し旅 → 江戸プロフェッショナル必殺商売人

人気時代劇「必殺シリーズ」第11弾。からくり人シリーズ第3弾でもある。

1977年昭和52年)11月18日より1978年(昭和53年)2月10日まで全13回放送。


第10弾『新必殺仕置人』で、一つの区切りを迎えた必殺シリーズは、新たな挑戦を試みる。これまで江戸を舞台としていた必殺シリーズだが、「悪人は江戸ばかりではなく、日本全国に存在する」とばかりに「旅モノ」のエッセンスを加え、殺し屋が各宿場の恨みを晴らしていく「殺し旅」のシリーズとなった。

単純に江戸を離れて殺しを行うのではなく、依頼人があり、その依頼を遂行しながら各宿場を回ることが縦糸となっている。そして、依頼人として登場するのが、江戸時代の有名絵師である「安藤広重」である。安藤広重江戸から京都の各宿場を描いた「東海道五十三次」には、火で炙ると悪人が血の色とともに浮かび出る。この絵をもとに、各宿場の悪人を一掃していくというのが本作の内容だ。

キャスティングは『必殺からくり人』の仇吉チームに類似した形で結成。「もしも、からくり人のメンバーが生き残り、裏稼業を続けていたら……」というニュアンスで人物造形がなされており、1話、2話、最終話と参加回数は減ったものの、メインライター早坂暁ケレン味たっぷりのストーリーも用意されている。