新必殺仕事人

テレビ

新必殺仕事人

しんひっさつしごとにん

必殺仕舞人 → 新必殺仕事人 → 新必殺仕舞人

人気時代劇「必殺シリーズ」第17弾。第15弾「必殺仕事人」の続編である。

1981年(昭和56年)5月8日より1982年昭和57年)6月25日まで全55回にわたって放送された。

必殺シリーズを代表するキャラクターの一人、三味線屋勇次が初登場した作品。また、長年主水の上役としてシリーズに出演する筆頭同心田中が初登場した作品でもある。

企画段階のタイトルは「必殺処刑人」。

最終回において秀は死を迎えるはずであったが、ファンからの投書や嘆願が影響し、脚本は変更され生き残ることとなった。

この作品によって、後期シリーズの方向性が定まることとなった。