スマートフォン用の表示で見る

新文学

読書

新文学

しんぶんがく

『新文学03 革命×ネット×二十一世紀文化のエグいコンテンツ』

松平耕一編 価格 ¥ 800 単行本:A5版、230ページ 出版社:文芸空間社(2010/12/05)とらのあな

◯「東浩紀ゼロアカ道場」出身のライトテロル系批評誌第三号! 九〇年代、資本主義の最終的勝利が喧伝され「歴史が終わった」と称された。そして外部なきゼロ年代に、電撃的に到来したインターネットのライトテロリストたち。彼らが二十一世紀文化のエグいコンテンツのなかに見出すのは、しょぼい現実か、アーキテクチャに管理された動物化か、それとも「革命」への決断か? ネットカルチャーとストリートカルチャーの交錯した時空間から、パフォーマティブな生の祭りが噴出し、新たな歴史が隆起する! アクセスせよ! これが一〇年代新文学のグローバルスタンダードだ!

◯執筆者:赤木智弘、章、秋田紀亜、hmuraoka、sk-44、esehara、海老原豊工藤伸一、桜澤哲舟、死に舞、シノハラユウキ白石昇杉田俊介、鈴木真吾、谷口一平、谷口哲郎、、田村修吾、千坂恭二、T-T、中川康雄、中西B、negative-naive、noir_k、ハンギ、ひ。、昼間たかし、広田有香、藤田直哉藤田直哉二世、踏足いさみ、古澤克大、ぺぺ長谷川、辺見九郎、北守、松平耕一、村上哲也、山本桜子、渡邊利道

◯目次

【第一章 特集 このコンテンツがエグい!――二十一世紀文化の七二選】

一 サブカルチャーの二八選/ニ ネットカルチャーの一七選、三 ハイカルチャーの二七選/北守「『ゼロ想』への葬送――あるいはテンプレだらけの宇野常寛批判」/死に舞「ゼロ年代のロック音楽五選――ロックはずっと戦っていた!」/村上哲也「笑いとメタファー、キャッチャーとピッチャー」/章「らぶげっちゅ。」

【第二章 ネットカルチャー論集】

海老原豊「市場×ケータイ=若者論」/辺見九郎「決断主義からリベラルアイロニズムへ」/鈴木真吾「あの頃、テキストサイトブームと」/工藤伸一「インタラクティヴ・イノベーション」/藤田直哉2世「「東浩紀ゼロアカ道場」を2年後から振り返る」/esehara「Twitter文芸2」/藤田直哉、シノハラユウキ、塚田憲史、杉田俊介「2ちゃん的思考形式の暴力と倫理」/「タイ国美少女ゲーム『Re Angel』スタッフインタビュー」/赤木智弘×昼間たかし「ネットコミュニティの分散化」

【第三章 「革命」をめぐって】

広田有香「「麻生邸国賠」と街頭表現規制問題」/藤田直哉、古澤克大「身体のテロルと情報のテロル――国家と革命の倫理」/中川康雄「アナキズム生態系の想像力」/中川康雄、古澤克大、北守、中西B「ニート×表現規制×南京大虐殺」/白石昇「多国籍擬似家族自動生成過程」/ぺぺ長谷川、踏足いさみ、中川康雄「だめ連動物化する二十一世紀」/千坂恭二ロングインタビュー「革命戦争としての新左翼ファシズムホロコースト」/山本桜子「うさぎプロジェクト」

ライトテロル系批評メルマガ『新大学03』

 2010年8月15日(日)配信開始。価格は250円。 文芸空間社購買部

コミックマーケット78」にて紙版も販売された。

ライトテロル系批評メルマガ『新大学02』

 2010年5月23日(日)配信開始。価格は250円。 文芸空間社購買部

「第十回文フリマ」や「コミックマーケット78」にて紙版も販売された。

ライトテロル系批評メルマガ『新大学01』

 2009年12月6日(日)配信開始。価格は250円。文芸空間社購買部

「第九回文フリマ」や「コミックマーケット77」で紙版も販売された。

『新文学02 ゼロ年代の六十八選――二十一世紀文学史へ』

 責任編集・松平耕一ひきいる「文芸空間社」が制作し、2009年8月16日のコミックマーケット76にて先行発売。

 同日、天野年朗の『ライトクリエイターズ』も販売開始。以下は松平による『新文学02』の紹介文。


 松平耕一(編),辺見九郎,秋田紀亜,村上哲也,工藤伸一,塚田憲史,negative-naive,sebastianus,

 esehara,古澤克大,中川康雄,陸条,谷口哲郎,渡邊利道,谷口一平,白石昇,章,勺禰子,考え中,SAA

 価格: ¥ 700 雑誌:180ページ 商品の寸法:21×15×1.2 出版社:文芸空間社(2009/08/16)文芸空間社購買部

「ネット文化を中心に発生している「詩的にして社会的なるもの」こそが、歴史の進化の原動力となり、「二十一世紀文学史」の中枢に置かれるはずだ」(「はじめに」より)。「東浩紀ゼロアカ道場」出身の気鋭の批評家・ブロガーたちがプロデュースしたライトテロル系文芸評論誌の第2号!十四人の評論と、六つの創作がゼロ年代の文化を語りつくし、二十一世紀文学史への道しるべを刻む!これを読まずにイチゼロ年代へとは進めない!「ライトテロルは正義である!」(すが秀実

『新文学』

 天野年朗(id:sirouto2)と松平耕一の二名により制作された文芸誌

 2008年11月9日(日)の「第七回・文学フリマ」にて講談社BOX主催「東浩紀ゼロアカ道場」第四回関門の道場破り企画として販売開始。

 その後、講談社BOXの単行本『東浩紀ゼロアカ道場 伝説の「文学フリマ」決戦』にも収録。

 現在は『新文学02』とともにジュンク堂書店新宿店、中野ブロードウェイビル・タコシェ新宿2丁目模索舎文芸空間社購買部のネット通販ほかで入手可能。