スマートフォン用の表示で見る

新本史斉

読書

新本史斉

にいもとふみなり

ドイツ文学者津田女子大学教授。1964年広島生まれ。1988年東京大学文学部独文科卒、同大学院人文科学研究科修士課程修了。1999年津田塾大学学芸学部助教授、2007年准教授、2010年国際関係学科教授。専門はドイツ語文学、翻訳論。

翻訳

  • 『現代スイス文学三人集 ヴァルザー・ブルクハルト・フリッシュ』ローベルト・ヴァルザー, カール・ヤコプ・ブルクハルト, マックス・フリッシュ 白崎嘉昭共訳 行路社 1998
  • ヨーロッパは書く』ウルズラ・ケラー, イルマ・ラクーザ編 吉岡潤, 若松準,フランツ・ヒンターエーダー=エムデ共訳 鳥影社・ロゴス企画 2008
  • 『ローベルト・ヴァルザー作品集 1 (タンナー兄弟姉妹)』フランツ・ヒンターエーダー=エムデ共訳 鳥影社・ロゴス企画 2010
  • 『別の言葉で言えば ホフマン、フォンターネ、カフカムージルを翻訳の星座から読みなおす』ペーター・ウッツ 鳥影社・ロゴス企画 2011.7
  • 『ローベルト・ヴァルザー作品集 4 散文小品集 1』フランツ・ヒンターエーダー=エムデ共訳 鳥影社・ロゴス企画 2012.10.
  • 『ローベルト・ヴァルザー作品集 5』「盗賊」フランツ・ヒンターエーダー=エムデ共訳「散文小品集 2」ヒンターエーダー=エムデ, 若林恵共訳 鳥影社・ロゴス企画 2015.11.