スマートフォン用の表示で見る

新羅

キーワードの候補

2件

地理

新羅

しらぎ

新羅(356〜935)(今の慶尚北道慶尚南道に有った国。)

日本では慣用的にしらぎと読む。他にはしら、しんらと呼ぶ。

首都は慶州に有った。

三国史記などでは建国年は紀元57年からになっているが、一般的には356年を建国年とする。前身は、弁韓の斯羅(シラ)と言われている。

新羅王の建国伝説は卵生神話であり、卵から産まれたとなっている。卵が瓠の様であったので朴姓を名乗ったと成っている。四代目王昔脱解も卵生神話をとり、倭国東北一千里にある多婆那国の出身とされる。また、建国時に渡来してきた倭人(瓠公)が重臣となり、金氏新羅の祖である金閼智(アルチ)を拾ってきたと言う伝説がある(以上三国史記より)

初代王は朴氏であり、途中から昔氏、13代以降は金氏に変わる。また女王が立ったこともある。

初期の新羅は、中華的ではないため唐代に中華風に名前を改めるときに姓も含めて変えられた可能性がある。

唐と共同して、660年に百済を滅ぼし、667年に高句麗を滅ぼし、676年の唐の半島領土の放棄によって、朝鮮半島をほぼ統一する。唐が滅んで(907年)中国の情勢が悪化すると、新羅も政治的安定を失い後三国時代に突入し、935年に高麗に滅ぼされる。

読書

新羅

しんら

デュラララ!!」に出てくる闇医者の名前。岸谷新羅

主人公のセルティの同居人で、彼女の首を盗んだ張本人の息子