スマートフォン用の表示で見る

新緑風会

社会

新緑風会

しんりょくふうかい

かつて存在した日本の参議院院内会派。現在でも民主党・新緑風会として会派名の一部として使用される。

1994年に参議院院内会派の日本・新生・改革連合(日本新党新生党民主改革連合などが参加する会派)と民社党・スポーツ・国民連合民社党スポーツ平和党など)が統一会派として新緑風会を結成。名称は「平成の緑風会」を目指したことにちなんでいる。その後、新進党結成に伴う院内会派の平成会の結成により、会派に所属する議員スポーツ平和党民改連無所属となる。1996年に院内会派民主党・市民連合(民主党など)と統一会派民主党・新緑風会を結成する。1998年に新進党解散により、平成会が解散。一部議員統一会派の民友連を結成し、第2会派となる。その後、新しく民主党が結成されるに伴い、民主党・新緑風会に名称を戻す。以後、参議院民主党系会派として存続。無党籍の議員がいない場合でもこの名称を会派名の一部に使用している。