スマートフォン用の表示で見る

新1000形

地理

新1000形

しんいっせんがた

京急新1000形

京急の一般型車両で、旧型車両の旧1000形(初代1000形)・700形・800形の置き換えを目的に2002年から製造されている。1000形としては2代目。

都営浅草線京成電鉄押上線北総鉄道成田スカイアクセスへの乗り入れに対応した3扉車両。

8両編成は0番台、6両編成は300番台、4両編成は400番台の車号を名乗っている。

製造時期により大きく2グループに分類される。

2011年度末時点で8両編成×19本、6両編成×3本、4両編成×23本が在籍している。

前期車(1〜5次車)

車体はアルミ合金製。機器関係や性能は2100形に準じているが、座席レイアウトは扉間ロングシート、車端部ボックスシート。車内表示器はドア上にLED式のものを千鳥配置。

VVVF制御で、2100形同様にシーメンス製の制御装置を搭載し、2次車まで(8両編成の1033Fまでと4両編成の1413Fまで)はGTO素子で、MT比率は8両編成で4M4T、4両編成で2M2Tだったが、2005年初頭に登場した3次車から(8両編成の1041F〜と4両編成の1417F〜)はIGBT素子となりMT比率も8両編成6M2T、4両編成3M1Tとなった。種別・行き先表示器は3次車までは幕式だったが、2005年夏に登場した4次車から(8両編成の1057F〜と4両編成の1425F〜)はフルカラーLEDとなった。3次車までの編成も2009年から順次、フルカラーLEDへの取り換えが進んでいる。

現在、2100形ともども国産(三菱製)の制御装置に取り換える工事を順次施行中。また、種別・行き先表示機もLED式への取り換えが行われた編成が現れている。

後期車(6次車〜)

2007年初頭に登場した6次車から(8両編成の1073F〜と4両編成の1449F〜、および6両編成の全編成)は大幅な仕様変更が行われた。

車体が軽量ステンレス製となり(ステンレス製車体は京急では初採用)、運転台の高さが若干高くなった。また、車内の座席レイアウトも変わって車端部もロングシートとなった。制御装置も三菱製となり、電動車が2両1ユニットとなったため8両編成は6M2Tのままだが、4両編成はオールMとなった。

2008年登場の8次車から4両編成、2011年の11次車から6両編成(4M2T)の製造が開始されている。

2010年登場の10次車から(8両編成の1121F〜と4両編成の1489F〜、および6両編成の全編成)は車内表示器が液晶式となり、ドア開閉表示灯が新設された。さらに9次車までにはなかった車上情報管理装置も搭載された。

運用

8両編成:エアポート急行快特などの優等列車や、地下鉄乗り入れを伴う運用を中心に使用されている。ただし、搭載機器の関係で9次車までと10次車以降では運用が分かれており、10次車以降は600形と共通の運用に充当され、成田スカイアクセスへの乗り入れも行っている。

6両編成:京急本線逗子線普通列車専用で使用されている。

4両編成:普通列車のほか、快特の増結車両として使用されている。