新4K8K衛星放送

テレビ

新4K8K衛星放送

しんよんけーはちけーえいせいほうそう

BS(右旋・左旋)、東経110度CSによる高画質の衛星放送。2018年12月1日より開始。

4K/8Kの放送として国内初の実用放送で、従来の放送と比較して高精細化、高色域化、フレームレートの向上、輝度の向上が図られる。

H.265/HEVC, HDRで放送される。

チャンネル

2018年の放送開始前時点で決まっているのは以下の通り。

BS右旋

BS左旋

110度CS左旋

視聴に必要なもの

BS4K右旋放送のみであれば、従来のBSデジタル放送用設備に加えて以下の機器のみ追加すれば良い。

左旋の電波での放送も受像する場合は加えて以下の更新も必要となる。

従来の放送への影響

同放送の開始に先駆けBSデジタル放送では周波数の再編が行われた。その影響で画質が多少低下している場合がある。