スマートフォン用の表示で見る

森下知幸

スポーツ

森下知幸

もりしたともゆき

アマチュア野球選手・指導者。

右投右打、ポジションは二塁手


1961年3月21日生まれ。静岡県出身

浜松商業高校で1978年、春の甲子園に出場。

主将としてチームを牽引し、初優勝に大きく貢献。

卒業後、中部電力に入社し、社会人野球で活躍。

1981年、母校浜松商業高校のコーチに就任。

1989年、日本大学三島高校の職員となり、監督に就任。

2002年、恩師である磯部修三?に招聘され、常葉学園菊川高校の事務職員となり、コーチに就任。

2006年8月、磯部の後を受け、監督に就任。


2007年、春の甲子園に出場。田中健二朗を擁し、攻撃的な野球で初優勝に導いた。

選手・監督として静岡県勢の優勝に貢献。