森戸辰男

社会

森戸辰男

もりとたつお

社会学者政治家、元文部大臣、元中央教育審議会会長

1888年明治21年)12月23日、生まれ。1984年昭和59年)5月28日、死去。95歳だった。

広島県出身。

母校東京帝国大学助教授となるが、論文クロポトキンの社会思想の研究」が問題とされ、1920年大正9年)辞職。

大原社会問題研究所に入る。

1946年昭和21年)、衆議院議員(当選3回)。片山・芦田両内閣文部大臣

のち、広島大学長を務める。

1971年昭和46年)、文化功労者

amazon:森戸辰男