森崎東

映画

森崎東

もりさきあずま

映画監督脚本家大牟田南高校・京都大学法学部卒。

リスト::映画監督

1927年11月19日生まれ。長崎県出身

1956年松竹京都撮影所へ助監督として入社。1968年大船撮影所の脚本部に移籍する。同期に貞永方久

1969年「喜劇 女は度胸」で監督デビュー。その後は「男はつらいよ フーテンの寅」「喜劇 男は愛敬」など、一連の喜劇作品の監督を手懸けながら、脚本活動も行う。

テレビドラマの世界にも積極的に参加。「必殺シリーズ」「江戸の鷹」などの時代劇や、2時間ドラマなどを中心に脚本・監督として参加している。

2000年心筋梗塞バイパス手術を受けたが、2004年春公開に向けての新作「ニワトリはハダシだ」の撮影のため、「ラブ・レター」以来5年ぶりにメガホンを執った。

代表作

  • 映画(監督作品)
  • 映画(脚本作品)
  • テレビドラマ