スマートフォン用の表示で見る

森正洋

アート

森正洋

もりまさひろ

佐賀県嬉野市在住の陶磁器デザイナー。第1回グッドデザイン賞の「G型しょうゆさし」を初め、機能性と美しさをあわせもつ、日常の食卓を彩る食器を作り続けている。


1927年    佐賀県塩田町(現・嬉野市)生れ

1945年    佐賀県立有田工業高校図案科卒

1952年    多摩造形芸術専門学校(現多摩美術大学工芸図案科卒

1954〜56年  長崎窯業指導所デザイン室勤務

1956〜78年  株)白山陶器デザイン室勤務

1983年    スペインバレンシア第13回国際工芸デザイン展陶芸部グランプリ(貝の器)

1987年    フランスポンビドーセンター「日本の前衛芸術展」招待

1995年〜   愛知県立芸術大学客員教授

2002年    東京国立近代美術館森正洋陶磁器デザインの革新展」 

2005年    勝見勝賞 受賞-日本デザインコッティー

1961年〜2004年

通商産業省Gマーク選定 112点

通商産業省Gマークロングライフ賞 30点