スマートフォン用の表示で見る

森長可

社会

森長可

もりながよし

戦国武将。織田家臣。1558年〜1584年

森可成(森三左)の子。森蘭丸、森忠政らの兄にあたる。主な官位武蔵守。

1570年に可成が討ち死にすると家督を継ぎ、父同様に信長に仕えて各地を転戦、武勇で知られるようになる。

甲斐武田氏の滅亡後は信濃海津城一帯を恩賞として与えられている。本能寺の変後は信州を退去して旧領の美濃金山に帰還、ここを守って混乱期を切り抜ける。

その後は羽柴秀吉に従う。が、1585年の小牧・長久手の戦いでは家康軍に敗れ戦死している。

彼の死後、森家は弟の忠政が継いでいる。