スマートフォン用の表示で見る

森林総合研究所

サイエンス

森林総合研究所

しんりんそうごうけんきゅうじょ

独立行政法人 森林総合研究所。略称は森林総研。かつては林業試験場という名称だった(1988年に組織改変に伴って名称変更)。

1905年に創設され、1978年に東京都目黒区(跡地は整備されて現在では「都立林試の森公園」となっている)から筑波研究学園都市に移転。林野庁の付属機関だったが、2001年に独立行政法人化された。

森林・林業に関する総合的な試験・研究・調査・分析・鑑定・講習を行うことと、それに必要な標本の生産・配布を行うこと、それに付帯する事項を業務としている。範囲としては、林業の経営・政策・技術、土壌・動植物・気象・生態・防災などといった環境、木材・菌類・遺伝子などの性質とその利用などと多岐にわたる。

札幌盛岡京都高知熊本に支所がある。また、一般公開している森林科学園が八王子高尾にあり、桜の名所になっている。

なお、各都道府県にある林業研究機関のうち、山梨県のそれも森林総合研究所という。

*リスト:リスト::シンクタンク・研究所