深圳 からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

スマートフォン用の表示で見る

地理

深セン

しんせん

地名として

深圳中国広東省の都市。

香港と境界を接し(国境ではないが事実上国境の扱い)、経済特区が設置されている(深圳市全体が経済特区ではないので注意)。

経済特区への入境には、中国人であっても、原則としてパスポート、あるいは身分証が必要(香港への越境を防ぐため)。さらに、経済成長に伴い物価上昇も目立ち、最低賃金中国一となっている。そのため、他省からの出稼ぎ(民工)は、その手前の東莞市に向かうことが圧倒的に多い。

深圳站近くの羅湖海関は、すぐ先が香港九広鉄路羅湖站であり、週末は混雑が目立つ。

艦船として

この地名から艦名をとったミサイル駆逐艦が2007年12月、はじめて中華人民共和国軍艦として日本を訪問した。