スマートフォン用の表示で見る

深夜も踊る大捜査線

映画

深夜も踊る大捜査線

しんやもおどるだいそうさせん

解説

このドラマは“史上最悪の三日間の映画”では描かれないもうひとつの物語である。

事なかれ主義、自分たちの保身と出世が何より大切なスリーアミーゴス。湾岸署のスリーアミーゴスは今日も会議室で署のスローガンを決める会議と称して密談中。経費削減で、部下のタクシー代はケチっても自分はハイヤーに乗りたい神田署長、部下の責任は部下が取ると責任逃れの秋山副署長、中では少しはまし(?)で部下をかばいながらも気の弱い袴田刑事課長と、湾岸署のスリーアミーゴスは重大事件も何処吹く風のお気楽さ。 湾岸署ではその時史上最悪の事件がおこっていた……。

映画公開にあたっての宣伝用のミニ・ドラマとしてTV放映された幻の作品。映画版DVD【特別版】(初回限定10,000枚 ASIN:B00005FPID)に収録されている。

関連語 踊る大捜査線 深夜番組