真言立川流

一般

真言立川流

しんごんたちかわりゅう

 真言宗の一派。荼吉尼天を本尊と祀る左道密教開祖は仁寛。

 南北朝時代南朝の護持僧であった文観弘真(もんかんこうしん)が、後醍醐天皇に直伝したという。この文観弘真は真言立川流の大成者といわれている

 本来戒律で禁止されている性交や肉食を行い、性魔術を行った事、髑髏本尊などの呪法によりよく知られる。淫祠邪教として、江戸時代に徹底的な弾圧を受けた。