スマートフォン用の表示で見る

真田昌幸

社会

真田昌幸

さなだまさゆき

【1547年〜1611年】

戦国武将

真田信之真田信繁(幸村)らの父

真田幸隆ゆずりの智謀を駆使して戦国時代を生き抜いた謀将。

豊臣秀吉からは「表裏比興の者」と、徳川家康からは「希代の横着者」と評される。

特に家康と昌幸には因縁が多く、家康には上田城で2度、痛い目を見せている。

息子の信繁(幸村)が大阪城に入城したという情報が入ったとき、「真田の親の方か、息子の方か!!」と叫び、障子に添えた手がガクガク震えていたというエピソードもある。

関ヶ原で西軍が敗れた最、信繁(幸村)とともに紀州九度山に流され、そこで生涯を終える。