スマートフォン用の表示で見る

真島俊夫

一般

真島俊夫

ましまとしお

作曲家編曲家アトリエエム代表。

和声法と作・編曲法を兼田敏氏(故)に師事。

吹奏楽のための代表作品には1985年度全日本吹奏楽コンクール課題曲となった交響詩『波の見える風景』、同1991年コーラル・ブルー』、同1997 年『五月の風』、『ミラージュI』、『三日月に架かるヤコブのはしご』、『虹は碧き山々へ』、『巴里の幻影』、『北の人々』などがある。また1999年の『ミラージュII』は同年7月にパリのギャルド・レピュブリケーヌ吹奏楽団により初演された。

近作としては、2001年に東京佼成ウインド・オーケストラの委嘱で書かれた『三つのジャポニスム』、2003年の『ミラージュIII』、そして 2006年の『鳳凰が舞う(LA DANSE DU PHENIX)』がある。これらのオリジナルやジャズ・アンサンブルの為の作品は日本、アメリカオランダで出版されている。また最近はTVドラマの音楽も手掛ける。

1997年、日本吹奏楽学会アカデミー賞を受賞(作曲部門)。

2006年、『鳳凰が舞う(LA DANSE DU PHENIX)』でフランスの国際作曲コンクール「COUPS DE VENTS : CONCOURS INTERNATIONAL DE COMPOSITION POUR ORCHESTRE D’HARMONIE」においてグランプリを受賞。

(公式サイトプロフィールより)