神宮司訓之

アニメ

神宮司訓之

じんぐうじのりゆき

ZIN STUDIO所属。

ビジュアルコンセプターやプロダクションデザインなど、謎の肩書きを多く持つが、一言でいうとデザイナー*1


実際の仕事内容は、アニメーション制作の企画の段階に参加し、監督や脚本家によって言葉で伝えられたプロットをデザインに起こしてイメージ化するということらしい。

このイメージを元にして、スタッフ内で世界観を共有し、絵コンテの作業に移る。*2


アニメやマンガのタイトルロゴデザインなども多く手がけている。

独特の世界観やコミック装丁ではセンスの良さが光る。

R.O.Dジオブリーダーズには彼をモデルにしたキャラクターが登場している。


海洋堂が「リボルテック」ブランドで売り出しているアクションフィギュアの可動関節部に使用されている「リボルバージョイント」は神宮司氏と内藤泰弘氏により発案されたものである。

設定・デザイン系

装丁・デザイン

ジオブリーダーズ

コミック版ジオブリーダーズでは5巻まで黒田洋介氏が設定等で参加していたが、6巻以降は神宮司氏が代わりに参加している。

さらに11巻からはコミック装丁のデザインが大幅に変更になっているが、これも神宮司氏による仕事である。

  • MH-1C(開発主任)
  • ブローニング流れ星カスタム(設計)
  • IrDA TAC WEAPON SYSTEMシリーズ(設計・解説)
  • 単行本11巻(カバーデザイン&アートディレクション)

*1宇宙作家クラブのメンバーリストには「グラフィックデザイナー」でエントリー

*2とらのあな無料情報誌『とらだよ。 vol.60 〜神宮司訓之氏インタビュー〜』より