スマートフォン用の表示で見る

神居古潭

地理

神居古潭

かむいこたん

北海道旭川市にある石狩川の急流を望む景勝地の名称。上川盆地と、深川から河口まで続く石狩平野との間にある山間の渓谷で、岸壁に挟まれた狭小な急流となっており、川の深さは70mに達する。水上交通の難所であり、アイヌ語で「神の住まう場所」の意の「カムイ・コタン」が地名の元とされる。