神戸商科大学

社会

神戸商科大学

こうべしょうかだいがく

かつてあった日本の公立大学商経学部のみの単科大学で、第二次世界大戦後における日本で最初の公立新制大学として1948年に発足した。2004年に姫路工業大学兵庫県立看護大学と統合する形で、兵庫県立大学が新たに発足したことに伴い、学生の新規募集は停止し、在学生の卒業した2010年3月まで存続した。