スマートフォン用の表示で見る

神指城

地理

神指城

こうざしじょう

福島県会津若松市にあった城。

1598年に上杉景勝会津若松城鶴ヶ城)に代わる領地経営の基盤として築城したが、これが徳川家康の勘気に触れ、関ヶ原の合戦の遠因の一つとなった。

関ヶ原の合戦を経て上杉家減封後、会津に復帰した蒲生秀行?会津若松城を選び、未完のまま廃城となった。