スマートフォン用の表示で見る

神聖モテモテ王国

マンガ

神聖モテモテ王国

しんせいもてもておうこく

漫画。小学館 週刊少年サンデー1996年15号より2000年9号まで連載。都合により突然休載(一説には作者失踪)、以降復刊のめど立たず。正式名称が神聖モテモテ王国であるにも関わらず、略称は「モテ王」などではなく「キムタク」。

週刊ヤングサンデー誌2004年4.5合併号にて復活(短期集中連載)。

コミックパークオンデマンド印刷にて7巻の発売が決定した。

google:site:comicpark.net 神聖モテモテ王国

ストーリー

ナオンと彼らだけの蜜あふるる約束の地、その名もモテモテ王国
これは、モテモテ王国を目指す彼ら親子の物語である。

主な登場人物

ファーザー
神聖モテモテ王国の国王を名乗る謎の存在。三度の飯よりトンカツを愛し、男と犬を敵となす。耳に謎の突起物があり(賞味期限切れのプリン入り)頭には赤色灯。大宇宙の掟によりズボンははかない。
オンナスキー
主人公。眼鏡坊主。事故により記憶を失い、ファーザーを父と思っているやらいないやら。モテたい。
アンゴルモア大王
隣人。世界征服か何かを企む悪の秘密組織の首領(多分)だが善人。
トーマス
卑怯で悪逆な正義の味方
ヤクザ
ファーザーの天敵。
ファーザーの天敵。

ファーザーの正体に関する諸説

  • 謎の宇宙人
  • モテモテ王国を神に約束されている。
  • 23の秘密がある気がした。
  • オンナスキーの父。
  • 謎の組織に追われている。
  • 耐熱性に優れている。
  • 死んでも死にきれない。
  • 3つのノウハウがある。
  • ある帝国から優れた何かを感じた。
  • にこやかな白人男性の夢を見た(正体か?)