神聖受胎

アート

神聖受胎

しんせいじゅたい

キリスト教

主にカトリック神話

聖母マリア処女懐胎を指す。

無原罪の御宿りまたは聖母懐胎とも。

カトリック教会では、

1854年12月8日に教義として制定された。

なおマリアにたいし日本では、

聖母との表記が一般的であるが、

世界的には処女性を強調した表現が一般的である。

神聖受胎は、

キリスト教宗教美術の主題としても一般的である。


処女懐胎神話新約聖書に限らず、

広く世界にみられる。