神代

若若茖

2篁

一般

神代

じんだい

神々が国土を形成しながら、統治をしていた神話時代。

古事記』『日本書紀』では、天地開闢より神武天皇即位前にあたる。


天地開闢(かいびゃく)・・・天地の始まり。

別天神(ことあまつかみ)の出現

神世七代(かみよななよ)

(7代目)

伊邪那岐神*1・・・天つ神の命を受けて、伊邪那美とともに国土や神々をうむ。

伊邪那美*2・・・伊邪那岐の配偶神。火の神*3を生んだために伊邪那岐と死別。以来、黄泉の国*4に住むようになる。

天照大御神(あまてらすおおみかみ)・・・日の神。皇室祖先伊勢神宮(内宮)に祀られている。

須佐之男命(すさのおのみこと)*5・・・天照大御神の弟。凶暴な性格で高天原から追放され、出雲へ。⇒八俣大蛇退治。

天之忍耳命(あまのおしほみみのみこと)*6・・・天照大御神須佐之男命による誓約の時に生まれる。

邇邇芸命(ににぎのみこと)*7・・・天照大御神の命を受けて、高天原から日向国の高千穂*8に降りる。(天孫降臨・・てんそんこうりん)

火火出見命(ひこほほでみのみこと)*9・・・海宮へ赴き、海神の娘(豊玉姫)と結婚。「高千穂宮」を居所とする。*10

鵜葺草葺不合命(うがやふきあえずのみこと)*11・・・ここまでが「古事記上巻」。

神倭伊波禮毘古(かむやまといわれびこ)>*12

  1. 高千穂宮」を出て、瀬戸内海紀伊国へ。
  2. 天照國照彦火明櫛玉饒速日尊と可美真手命の帰順と那賀須泥毘古(ながすねびこ)*13らを平定。
  3. 大和国の畝傍橿原宮*14即位。(紀元前660年)⇒【初代・神武天皇(じんむてんのう)】

*1伊弉諾尊

*2伊弉冉尊

*3迦具土神・・かぐつちのかみ。

*4:死者が住む国。冥土。「根の国」とも。*葦原(あしはら)の中つ国・・・天上の「高天原」と、地下の「黄泉の国」の中間。つまり地上の世界。

*5素戔嗚尊

*6:正哉吾勝勝速日天忍穂耳尊

*7:天饒石國饒石天津彦彦火瓊瓊杵尊

*8高千穂峰(たかちほのみね)・・宮崎県南部と鹿児島県との県境にそびえる火山。

*9:彦火火出見尊

*10:場所については、「西臼杵郡高千穂町」や「西諸県(もろかた)郡の東霧島山」など諸説あり。

*11:彦波瀲武鸕鶿草葺不合尊

*12:神日本磐余彦尊

*13:長髓彦

*14:うねびかしはらのみや・・現在の奈良県橿原市畝傍町。*橿原神宮は宮跡の推定地とされている。

地理

神代

じんだい

JR田沢湖線: 刺巻駅 - 神代駅 - 生田

同一・類似 駅名
JR山陽本線に「神代駅(こうじろえき)」がある。
JR伯備線芸備線に「備中神代(びっちゅうこうじろ)駅」がある。
島原鉄道に「神代町駅(こうじろまちえき)」がある。


○ リスト:駅キーワード