スマートフォン用の表示で見る

神代桜

動植物

神代桜

じんだいざくら

山梨県北杜市武川町山高の実相寺境内にあるエドヒガンザクラの老木である。国指定の天然記念物であり、天然記念物としての名称は山高神代桜である。樹齢は1800年とも2000年ともいわれる。日本五大桜または三大巨桜の1つであり1922年(大正11年)10月12日に国の天然記念物に、1990年6月に新日本名木百選に指定された。日本武尊が東征の際、この桜を植えたといわれる。鎌倉時代日蓮がこの木の衰えているのを見て、祈ったところ蘇ったという伝説がある。同寺の境内には三大巨桜である三春滝桜福島県三春町)、淡墨桜岐阜県本巣市)から、それぞれの苗木が贈られ植樹されており、開花期には多くの見学者で賑わう。