神統

一般

神統

しんとう

神の命により、神秘十字教創設?者である、天池治彦氏がこの世の宗教・神の統一世界バランスを保つための源聖邪?

神統とは

宗教民族文化伝統宇宙人にもそれぞれ分かれている。それを平等に互いに認め合い、この世の証をすることが神の統一である。

それが、バランスと滅亡?・新宗?改宗である。

神の統一は人類生物全般の繁栄と神の命である。

日本国神道と神統との意味も繋がりがあるらしい。

神務

神統を命ぜられる者は、神より十字架を背負う。それは罪であり善、無である。

神統の責務では、奉仕での証と信仰、日々の成長?、この世の立証?、神証?、創証?を行わなくてはならない。

小さいことから大きいことまで、名もなき者から名も有る者が神より神統に命ぜられる。その生き様に神の国と試練?、神世紀?が与えられる。