スマートフォン用の表示で見る

神武天皇

一般

神武天皇

じんむてんのう

神武天皇(庚午年1月1日 - 神武天皇76年3月11日)は、日本の初代天皇。ただし架空の人物という説が有力。

神日本磐余彦尊カムヤマトイワレビコノミコト神倭伊波禮毘古命カムヤマトイワレビコノミコト若御毛沼命ワカミケヌノミコト磐余彦火火出見尊イワレビコホホデミノミコト狭野尊サノノミコトともいう。

彦波瀲武鸕鶿草葺不合尊(天津日高日子波限建鵜葺草葺不合命)の第四子。母は玉依姫命

在位

紀元前660年1月1日*1紀元前585年3月11日*2

「書紀」によれば辛酉の年の正月に即位となっており、これは中国の讖緯説にもとづいて決定されたものといわれ、推古朝から1260年遡って紀元前660年が求められたものという説が定説である。

ただ、神武天皇の行伝については古来より日本に伝わるさまざまな伝説・伝承をあわせたものであるとされている。

世代的推計や大和王権の成立時期から見て、実在したとすれば三世紀から四世紀の人物。

http://yamatai.cside.com/tousennsetu/nendai.htm

子には手研耳命神八井命神渟名川耳尊綏靖天皇)、彦八井耳命がある。

*1新暦の2月11日

*2皇統譜に基づく