スマートフォン用の表示で見る

神風連の乱

社会

神風連の乱

しんぷうれんのらん

神風連の乱(しんぷうれんのらん)

敬神党の乱とも。明治初期の不平士族の反乱。かねて神風連に結集していた復古的攘夷主義の旧熊本士族170名余が,1876年太田黒伴雄らに率いられ政府の開明政策,特に廃刀令に反対して蜂起した。