神仏分離令

一般

神仏分離令

しんぶつぶんりれい

1868年3月17日(明治元年)、明治政府が発布した法令

明治政府江戸時代仏教国教化政策を否定し、神道の国教化政策を行うため、明治元年(1868)3月から、神社から仏教的な要素を排除しようと神仏分離政策を行いました。