スマートフォン用の表示で見る

神鳴流

マンガ

神鳴流

しんめいりゅう

赤松健ラブひな」および「魔法先生ネギま!」に登場する剣術の流派名。京都神鳴流

概説

ラブひなの時点では「京の深山に秘して伝わる神鳴る剣(つるぎ)」「京都に本拠地を置き、古くより、日本にはびこる“魔”を剣で封じ込めてきた」「数百年の歴史を持つ」などの説明があった。

ネギま!においては「京を護り魔を討つために組織された掛け値なしの力を持つ戦闘集団」とのこと。本家と分家に別れているらしく、また、関西呪術協会という組織と関係が深い。

基本的にどちらも同一のものとして描かれている。

本家の道場を継承しているのは青山家の一族だが、「青山」の苗字は表向きの偽名であるという説もある。

流派について

決して歴史の表舞台には出ない流派であり、一般の場で用いてはいけないことになっている。

剣術の他、抜刀術、手裏剣術、徒手武術と扱う範囲は広い。

退魔師、符術師としての技術も補助的に学ぶようで、式神を連れている剣士も多い。また、ネギま!では「神鳴流剣技」と「神鳴流退魔戦術」と「陰陽術」が別カテゴリになっている模様。

神鳴流は武器を選ばず」と言い、デッキブラシや拳などにも気をまとわせて破壊力を与えることができる。その逆に、真剣でも相手を傷つけさせず、衝撃だけを与えるようにダメージを手加減することも可能。また、刀身を気で保護しているため、水に塗らしても錆びさせることがない。

ちなみに神鳴流剣士の非常識な強さを伝える逸話のひとつとして、「生身で光学系兵器の弾道をねじ曲げて直撃を防いだ」というエピソードがある。

考察サイト

以下は作中に登場した伝承者、および技名と使用者のリスト。

続きを読む