神門郡

地理

神門郡

かんどぐん

出雲国にかつて存在した郡。島根半島の西側の付け根に位置していた。現在ではほぼ全域が出雲市(一部は大田市)に属している。『出雲国風土記』によれば、伊加曾然(いかそね)という者がこの地に神門を奉ったことにより神門臣の姓を賜り、その神門臣が定住したのでその地を「神門」と呼ぶようになったとされる。