神流川の戦い

社会

神流川の戦い

かんながわのたたかい

神流川の戦い(かんながわのたたかい)

1582年、織田方の滝川一益北条氏直が争った戦い。織田信長本能寺の変によって敗死した後、小田原北条氏は織田との同盟を破り、上野の倉賀野まで進攻。織田方の上野国主滝川一益厩橋城から兵を南下させ防戦、武蔵金窪で北条勢を大破するが再度、武蔵上野国境の神流川の合戦で大敗、一益は止む無く撤退を決め、傘下の上野衆に人質を返還し、本国の伊勢長島に逃れた。稀なる大激戦で、戦国時代を通じて関東地方で最大の野戦と言われる。