親王宣下

一般

親王宣下

しんのうせんげ

皇族の子女に親王内親王の資格を与えること。

明治皇室典範まではたとえ天皇の嫡子といえども親王宣下を受けなければ親王を名乗ることができなかった。後白河天皇の子・以仁王が以仁親王?と呼ばれなかったのはこのため。

時代が下ると、逆にいくら血統が離れていようが親王宣下さえ受ければ親王として皇位継承権を得ることができるようになった。これを利用して代々親王の身分を世襲してきた宮家世襲親王家と呼ぶ。